プライバシーポリシー

1drop事務局(以下単に「事務局」といいます。)は、個人情報を保護することが社会的責務であることを十分認識し、以下のとおり個人情報の適正な取扱いに努めます。

1.法令の遵守
事務局は、個人情報の保護に関する法律、条例、および国が定める指針等を遵守します。

2.安全管理措置
①事務局は、その取り扱う個人データの漏えい、滅失または毀損の防止その他の個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
②事務局は、事務局所属の従業者に個人データを取り扱わせるに当たって、当該個人データの安全管理が図られるよう、当該従業者に対する必要かつ適切な監督を行ないます。

3.正確性の確保
事務局は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

4.個人情報の適正な取扱い
①事務局は、個人情報を取り扱うにあたって、その利用目的をできる限り特定します。
②事務局は、あらかじめ利用者の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱いません。
③事務局は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得しません。
④事務局は、個人情報を取得した場合、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、すみやかに、その利用目的を、利用者に通知し、または公表します。
⑤事務局は、利用目的を変更した場合、変更された利用目的について、利用者に通知し、または公表します。
⑥事務局は、あらかじめ利用者の同意を得ないで、個人データを第三者に提供しません。

5.開示等の要請
①事務局は、利用者から、当該利用者にかかる保有個人データの開示、訂正、追加、削除、利用目的の通知(以下「開示等」といいます。)を求められた場合、遅滞なく、当該保有個人データの開示等を行います。
②事務局は、利用者から、当該利用者にかかる保有個人データの利用の停止、消去、第三者への提供の停止(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合であって、その求めに理由があることが判明したときは、遅滞なく当該保有個人データの利用停止等を行います。
③事務局は、利用者から求められた措置の全部または一部について、その措置をとらない場合、またはその措置と異なる措置をとる場合は、利用者に対し、その旨を通知すると共に、その理由を説明するよう努めます。

6.苦情・相談
①事務局は、個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めます。
②事務局は、前項の目的を達成するために必要な体制の整備に努めます。