幸せ経済社会研究所

幸せ経済社会研究所

月間サポーター 123 累計サポーター 1,224

幸せ経済社会研究所

幸せ経済社会研究所 設立の背景

これまで世界の大部分では、経済成長は社会のために必須だと考えられてきました。しかし、温暖化をはじめとする環境問題の影響が明らかになるにつれ、"経済成長""GDP" "真の幸せのための経済や社会のあり方"についてしっかり考えようという動きが盛んになってきました。

地球温暖化も生物多様性の危機も、問題の「症状」のひとつです。こうした多くの問題を引き起こしているのは、有限の地球のうえで、無限の経済成長を求める構造であるという認識が広がりつつあります。現在のかたちでの経済成長は真の幸せにはつながらないという認識や、経済成長を前提としない幸せの あり方を模索する地域や暮らしの取り組みが各地に広がりつつあります。

しかし、現在の社会や経済の構造が"成長"を基盤としているかぎり、経済成長をやめることは社会の安定を損なってしまいます。したがって、現状ではほぼすべての政府が「経済成長」「GDP成長」を国の政策の基盤に置いています。

「現在の経済・社会システムの中では経済成長を続けないと雇用や生活が不安定になってしまう」一方、「地球の資源やエネルギー、CO2吸収源などの限界を考えれば、永遠に経済成長を続けることは不可能である」という状況は、「経済成長のジレンマ」と呼ばれ、近年研究者のみならず、政治家も大きく取り上げるようになってきました。

日本でもこのテーマ「経済成長のジレンマ」について研究し、打開のためのさまざまな取り組みを進め、国内外に発信する機関が必要との思いから、枝廣淳子が代表を務める有限会社イーズ(http://es-inc.jp/)は環境NGOジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)(http://www.japanfs.org/ja/)の協力のもと設立したのが「幸せ経済社会研究所」です。JFSは主に海外発信を担当します。

「社会や経済を不安定にすることなく、どう地球の限界と折り合いをつけ、真に幸せな社会を築いていくか」「社会の真の進歩や幸せを何によって測 るのか」は、今後の政府、自治体、企業をはじめとするあらゆる組織、そして私たち一人ひとりにとって避けることのできない課題です。

「幸せ経済社会研究所」はこのチャレンジに正面から向き合い、調査研究/情報発信/世論形成/対話/世界の動きとのネットワークづくりといった活動を展開していきます。

この団体へのコメント

寄付先情報

団体名
幸せ経済社会研究所
所在地
〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-11-12 産興ビル3F(有限会社イーズ内)
TEL:03-5426-1128
FAX:03-6413-3762
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ウェブ
http://ishes.org/
寄付金最小単位
1000円から

一口 1000円プラン

¥ 1000
+

facebook

twitter