Japan for Sustainability

Japan for Sustainability

月間サポーター 123 累計サポーター 1,224

JFS

JFSは、日本の環境の情報を、世界に発信する団体です。

私たちの問題意識

盲目的な経済成長至上主義と"成長せざるを得ない"社会や経済の構造にがんじがらめになって、私たち人間の経済活動は、資源やエネ ルギーなどの供給面でも、CO2や有害廃棄物などの吸収面でも、地球の支えられる限界を超えてしまいました。温暖化や生物多様性の危機などは、「限界を超 えていること」が私たちの日々の暮らしや未来世代の幸せに大きな影響を及ぼし始めている"症状"の一部です。

盲目的な経済成長至上主義や"成長せざるを得ない"社会や経済の構造は、同時に、人と人とのつながり、人と地域、人と社会、人と自 然、人と世界や地球とのつながりを断ち切ってきました。人は人や社会とつながっていなければ生きていけない存在なのに、短期的・局所的な効率向上の強迫観 念にとらわれて、本当に大事なこと――自分の心とのつながりや、社会や自然とのつながり――を見失ってきました。さまざまな社会の問題も、地球環境の悪化 も、「つながりの喪失」が生み出した必然の帰結ではないかと思うのです。

地球や地域の環境が悪化していく一方、世界の各地で「変えるための試みや取り組み」が雨後の竹の子のように広がっています。ここ日本でも、従来私た ちの文化が大事にしてきた「もったいない」や「自然との共生」をもう一度企業活動や地域づくりに採り入れようという動きや、日本の誇る高い技術力を持続可 能性を高めるために活かそうという取り組み、経済中心の時代に切れてしまったかのように思える社会や人をつなぐさまざまなつながりを取り戻そうという小さ な試みがあちこちで生まれ、展開し、広がりつつあります。

そのような内外の動きを心強く思いながらも、こういった動きはそれぞれの地域や組織で「気づいた人々」が独自に進めているものが多く、「すてきな取り組みがたくさんあるけど、ばらばらでつながっていない」のはもったいない!と思いました。

特に、同時通訳者として国際会議などで仕事をしてきた経験から、「日本人は海外から情報を採り入れることにはとても熱心だけれど、日本にもたくさん ある良い取り組みはほとんど世界に伝わっていない」ことに気がつきました。言葉が大きな障壁のひとつなのだとしたら、それを乗り越えるお手伝いを私たちが しよう――そのような思いで誕生したのがNGOジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)です。

ジャパン・フォー・サステナビリティ(JFS)代表 枝廣淳子

この団体へのコメント

寄付先情報

団体名
ジャパン・フォー・サステナビリティ
Japan for Sustainability
所在地
〒214-0034 川崎市多摩区三田1-12-5-138
TEL:044-933-7639  FAX:044-933-7639
E-Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ウェブ
http://www.japanfs.org
寄付金最小単位
1000円から

一口 1000円プラン

¥ 1000
+

facebook

twitter